好きだけ食べて生きる   

オーガニック グルテンフリー 語学 町田の情報 育児 好きな事沢山書いてます

死んじゃうかと思った。。。

スポンサーリンク

プチプラ子供服【J KIDS】

こんにちは ボルグです。

初めて早々2日間ブログをお休みしました。


一昨日の金曜日に大事件が起きたのです。

幼稚園見学の後にスーパに入る前

私の娘は転んでレンガの壁に頭を打ちつけました。

すぐさま大泣きしたんですが

そのままスーパーに入り泣き止んだ娘の顔を見ると

顔面蒼白..........

「どうしよう!!!!!!!」

「娘が死んじゃう!!!」

大泣きしながらパニックに陥りそのまま

幼稚園に戻って助けを求めました。

すぐさま沢山の先生たちが出てきて

救急車を呼んでくれました。

怖くて娘の顔が見れない。

祈ることしかできない。

無力で堪らなく自分を責める。

真っ白な娘の顔が頭から離れない

幼稚園の先生たちが落ち着かせてくれました。

「意識はあるから大丈夫よ」「手もあったかくなってきたよ」

温かい言葉より心配な気持ちが募る。

そうこうしてる間に救急車が到着。

すぐさま乗り込み隊員の方から

色々と質問される間に私のパニックも

大分収まってきました。

こうゆう時って電話番号も住所も出ないんですね。。

病院に着く頃には娘のお目目もぱっちり開いてきました。

先生からは

『今の状態では問題ないのでCTは撮らなくても大丈夫そう。

頭はぶつけた後の方が怖いので、吐いたりしたらすぐに来るように』

と言われました。

放心状態で自分がどこに居るのかも分からないまま

外に出ました。近くにマックがありすっかり良くなった娘を抱きしめ

マックへ入りストレス発散とも言える暴飲暴食。

娘も元気にポテトをむしゃむしゃ。

安心してまた涙しながらムシャムシャ。

今日の今まで何ともなく元気に過ごしています。

あの鈍い「ゴンっ」て音忘れないです。

あの真っ白な娘の顔が何度も浮かびます。

普段生きている事に感謝して生きていません。

global I mall 赤ちゃんのごっつん防止やわらかリュック

こんな時に思います。

命は有限で何不自由なく元気に暮らしていける事は当たり前ではない。

情けなく頼りない私ですが精一杯娘を守る事しか私には出来ないんだなと思った出来事でした。

今回の件を教訓にあらためて娘との生活を楽しんで生きたいと思いました。

尚、稚園の先生には後ほどお礼と謝罪をさせていただきました。